火星移住用ロケットを利用した国際線旅客機をイーロン・マスクが提案

Space X社のCEOを務めるイーロン・マスク氏が、火星移住用ロケット“BFR”を国際線旅客機として使用するアイディアをIAC(国際宇宙会議)にて発表しました。これは一度大気圏外までロケットを飛ばすことで、世界旅行にかかる時間を大幅に短縮してしまおうという構想。これによると、地球上のどこでも1時間以内に到着できるとのこと。

参照:東京・NY間を37分で! 火星移住用ロケットを利用した国際線旅客機をイーロン・マスクが提案

グレコロマン

投稿者プロフィール

このサイトの管理者です。インターネット上の様々な情報をこのポータルサイトにアーカイブしていきます。WEB上で制作やマーケティングの仕事をしたりライブ配信をしたり、ゲームをしたり緩く生きています。お仕事のご依頼もお待ちしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スポンサーリンク

最近のアップデート

  1. 何気なくTVから流れてくるもんだからあまり意識していないことも多いが改めて見るとけっこうおも…
  2. 1948年に創業され、店内が画家・彫刻家などの作品にあふれ、建築にもこだわっているという歴史…
  3. ネット必須な今の世の中、テック企業にはしっかりとしたセキュリティ対策が求められます。社員の情報、…
  4. マストドンはこれまでもダイジェストメールという機能があったのだが、そのためには管理者が自分でcr…
  5. どうぶつタワーバトル - のんびり遊べるリアルタイム対戦ゲーム [blogcard url="ht…

スポンサードリンク

YouTubeチャンネル

ピックアップ

フォーラム

MailMagazine

アーカイブ

ページ上部へ戻る